偶然の出会いから始まった繋がり

2016年の秋頃、洋服を買いに街に出かけました。
街には自動車で行き、駐車場に止めてぶらぶらと街中を歩いていたら、見たことのあるような顔が遠くの方に見えました。
そして、見たことのあるような人がだんだんと近づいてくると、その人はなんと昔の友達だったのです。

とても嬉しくなって、近くの喫茶店でお茶をしました。
昔遊んだ話や、学校での話、現在の状況などをたくさん話しました。
そして、メールアドレスや携帯番号なども教え合って別れました。

その頃は、11月上旬くらいで、もうすぐお正月がくるということで、その昔の友達に、十何年振りかに年賀状を送ろうと思いました。
しかし、相手の住所は教えてもらっていなかったので、素直に相手に「年賀状送りたいから、住所教えて」とメールで聞きました。
そして、私の住所も相手に教えました。

2017年の元旦に送った年賀状には、昔遊んだことや、好きだった人のことなどのエピソードを書きました。
そして、昔の友達からも年賀状がきたのでとても嬉しかったです。
しかも、その年賀状の内容が似ていたので驚きました。
相手も、学生の頃に遊んだことや、好きだった人のことを書いていたのです。
そのため、驚いたのと同時に笑ってしまいました。
「こんな偶然、世の中にはあるんだな~」と思い、すごく嬉しかったのを覚えています。
そして、私が年賀状を送った友達も驚いたそうです。

それからは、たまに会ったりするようになり、昔のようにとても良い関係を築いています。
また、それをきっかけにして、他の昔の友達にも連絡をするようになり、現在は「同窓会をやろう」という話があがっています。
あの日、服を買いに街に出かけたおかげで、とても良いことが色々と起こったので良かったです。