恩師からの年賀状

近年は、スマホやパソコンで年始の挨拶を終わらせるのが主流となりつつあるようですが、私は未だに手作りの年賀状にこだわっています。

年賀状のやり取りしかしない友人もいますが、年賀状があるからこそ今でも繋がっていられるのだと思うからです。

そんな思い入れのある年賀状ですが、毎年年が明け、元旦にポストに届く年賀状を見ると、どうしても思い出す年賀状があります。

それは、かつての恩師から受け取った1通の年賀状です。

中学生時代の恩師で、とてもお世話になった先生だったのですが、卒業とともに連絡を取る機会もなくなり、音沙汰もないような状態でした。

中学生時代の話を友人と懐かしく振り返るたびに、話題に上がるほど人気があり、生徒からも人望の厚い先生でした。

そんな先生が、最近病に冒されているとある日、友人から聞いたのです。

当然私は、激しくショックを受けました。

それも悪い病気で、あまりいい状態ではないという話だったのです。

ちょうど年末に入るころに聞いた話だったので、そこで思い切って年賀状を出してみることにしたのです。

できるだけ、「病気だと聞いたから年賀状を書いてよこしたのだ」と悟られないよう、あくまでも普通を装い、懐かしく思う気持ちを書いて送りました。

すると年が明けて4日ほどたった時、先生から返信が届いたのです。

懐かしい先生の字でした。

これまで何人もの先生に出会いましたが、この先生の字だけはなぜか忘れられず、宛て名を見ただけですぐにこの先生の字だとわかるほどでした。

先生の年賀状には、私が出した年賀状へのお礼と、近況について書かれていましたが、自分自身の病気についてだけは触れていませんでした。

字から先生の思いや、私自身の懐かしい思いがよみがえり、年賀状を手にしたまま目頭が熱くなったことを昨日のように覚えています。

それから半年後、先生は亡くなりました。

なんとなく予想はできていたものの、先生からの年賀状を再び手にし、思いっきり号泣しました。

最後の最後に先生とやり取りした年賀状が、忘れられません。

手紙という形でしたが、最後に先生とお話しすることができ、本当に良かったと思いますし、思い切って年賀状を出してよかったと思います。

これまで受け取った年賀状の中でも、絶対に忘れることのできないたった1枚の年賀状です。